スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 
<< 2008年5月読了本。 : 2008年6月読了本。 >>

脳を活かす勉強法 茂木健一郎

評価:
茂木 健一郎
PHP研究所
¥ 1,155
JUGEMテーマ:読書


どこかの記事で茂木さんの以下の言葉を読んで、ちょっと茂木という人に興味を持った。
なんでだか、漫画を買いにいったはずなのに、茂木さんの本を購入していたので、感想書くとします。

脳は変わることができる。日々先に進むことができる。是非これを皆さんに知って欲しいですね。脳が持っている能力を一つだけ言うなら、僕は「脳は変わることができる」ということだと思います。ですから、自分の人生を決めつけないで欲しいんですよね。もう、自分はこういう人間だって分かってしまった。そういう風に、自分の正体が分かったという風には思わないで欲しい。自分の正体なんていつまでも分からないんだ、という位の気持ちでいた方が変わることができる、脳の潜在能力を生かすことができると思います。僕だって、未だに自分の正体は分からない。それくらいに思わないと勿体ないです。これから先も。


買ったその日に読破してしまいました。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

まず、目次。

  • 第1講 脳は「ドーパミン」と「強化学習」が好き

  • 第2講 「タイムプレッシャー」が脳の持続力を鍛える

  • 第3講 「瞬間集中法」で勉強を習慣化させる

  • 第4講 茂木健一郎流「記憶術」

  • 第5講 茂木健一郎の「読書のススメ」

  • 第6講 脳のコンディションを把握しよう

  • 第7講 自分を変える「一回性」に巡り会うには

  • 第8講 偶有性がさらなる脳の発達を促す



私は、集中力が続かない子供で、難しい問題にあたるとすぐ逃げる子供だったのですが、この茂木先生の本を読んで、あっさりと自分がいけないことをしてたんだと理解しました。

この本は決して新しいことは書いていません。
だから何か画期的なアイデアを望んでいる人にとっては、とてもつまらない本だと思うだろうし、期待はずれだと感じるかもしれません。

しかし、実は「誰も教えてくれない秘密」が書いてある本でもあるのです。

集中力のつけ方って、誰かに習ったことがありますか?
どうやったら勉強というものに興味が持てるか教わったことがありますか?

茂木先生は、勉強をやる上でもっとも大切なことをこの本に書いていらっしゃいます。
何の変哲もないことだけど、これはやらないとわからないことだと思う。
そして、勉強ができないと思ってきた人たちが実践できていないことだとも思うのです。

タイムショックのくだりは、私にとっては目からうろこでした。
私はタイムをはかるのが大嫌いな人間なんです。
水泳の選手コースに入ったときも、常に50mのタイムを計られて
緊張のし通しで、その張り詰めた空気がずっと続くのがいやでした。

でも人間って、その極限の緊張や、辛いことを乗り越えなくては
強くなれないんですよね。私はその場から逃げた。
だから逃げ癖がついていて、何事にもうまく集中できない
人間になってしまったのです。

なんてもったいないことをしたのだろうと
思いましたよ。

期待はずれだからと、そっぽを向かず、
茂木先生の言うとおりにやってみることです。
やる前から期待はずれというのも、おかしなことですからね。

脳は変わることができる。
勉強が楽しい

その茂木先生の言葉を信じて頑張ってみようと思いました。
仕事だってやる気になりました。
仕事でタイムショックを使えば、早く帰れる日が増えるかもしれないし。

最近のノウハウ本を買う人は何かとすぐに結果を求めたがり、
画期的ですぐできて、すぐ変われるものを探しがちだと思います。

でも重要なことは実はコツコツ続けていくことであり
辛抱強くやり続けることなのだと思う。
あせらず自分のペースで学んでいくことこそ、本当に自分を変える第一歩なんだろうな。



comments(0) : trackbacks(1) : 

スポンサーサイト



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

COMMENTS






TRACKBACK

成功を加速する名言 : 2008/05/13 4:19 AM
成功を加速する名言
成功を加速する名言
TB URL >> http://nyamalibrary.jugem.jp/trackback/153