スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

ベルカ、吠えないのか? 古川日出男

好き嫌いの分かれそうな小説だということは
古川日出男の作品だから、という感じで表現できそうだ。

古川日出男の文体、展開が嫌いな人は
おそらくこの本が好きではないと思う。

彼にストーリーを期待してはいけないと思うからだ。
否、エンターテインメントを期待してはいけないのである。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

LOVE 古川日出男

普通じゃない。

LOVE
LOVE
古川 日出男

この小説は、形にとらわれない。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

二〇〇二年のスロウ・ボート 古川日出男

古川 日出男
文芸春秋
¥ 500
最強のカヴァー文学
古川作品の入り口にお薦めします


ちょっとわからなかった…。。

どうやら村上春樹の「中国行きのスロウ・ボート」をリメイクしてサンプリングしたものらしい。それを早くいってくれよママン(´Д`;)/ヽァ・・・



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 
  1/1P