スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

ブラックペアン1988 海東尊

海堂 尊
講談社
¥ 440
面白かったです
海堂ファンにはお勧めですが・・・
懐かしい雰囲気

海堂 尊
講談社
¥ 440
青春小説
海堂尊氏の小説は読み納め
この作者になぜ直木賞がいかないのかホントに不思議だ


ブログに書くの、この作品がはじめてとか意味わかりませんが(笑)
いちおう「チームバチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」「ジェネラル・ルージュの凱旋」「螺鈿明細」は読んでいます。
後で……感想書けるかな…(不安)

そんなこれらの続編…と言いたいところだけれど、「ブラックペアン1988」は
タイトルどおり1988年のお話で、前作のお話よりも昔の時代のお話です。
でも出てくるのは見知った人々とあって、心踊る一冊なのでした。

そう、高階さんが若いのなんのって、え、こんな格好良い先生だったの!?
うわー惚れるー!
ってな勢いのなんというか溌剌として大胆不敵な医者なわけですよ。
速水先生の無謀さを弱めて、白鳥から毒を抜いたみたいな感じのを足して2で割って
攪拌してから丸めたみたいな感じの(意味不明)

そして主人公の世良先生も若々しくていい感じです。
読者の目を通すのに丁度よいぐだぐだ感がたまらんです。
全然変わらないのが黒崎教授だったりするんですけど、柿谷先生も若くて
こんな若い時代もあったのだなあなんて、にやにやしてしまいました。

藤原さんの現役なんかも垣間見えてファンにはたまらん作品だと思います。

毎度のこと、医療問題をさしこんでくる海堂先生ですが、今回は新技術の導入が
いかに難しいかについて、とてもうまくお話に組み込んでました。
古い体質を変えるのってとても難しいよなあと、毎度考えさせられます。
医療だけでなく、他の分野にもいえることだったりするので
身につまされる思いがします。


そして最後に!
高階さんよりさらに若い若い速水、島津、田口にも注目!
ちょい役なのににやにやすること間違いなし!
特に速水先生は最高です!!!

JUGEMテーマ:読書



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

comments(0) : trackbacks(0) : 
  1/1P