スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

世界がキューバ医療を手本にするわけ 吉田 太郎

キューバという国を、カストロという人を、かなり誤解していたような
気がしている。この本を読むと、医療の発展のために、投資を惜しまず
手段を選ばず邁進している志の高い男が見えてきた。

日本はアメリカに不都合な情報を報道できないようなので、なかなかキューバの
情報を知ることは出来ない。だからこの本は目から鱗、そのものでした。

印象的だったのは、キューバの医者の志の持ち方です。
日本では医者といえば、お金持ちでセレブといった印象が強いですが
キューバの医者は無料で仕事をするくらい貧乏で庶民的です。

世界各国で災害が起きたら、迷わず救援しにいくのです。
山の中を歩き、難民とともに過ごし、彼らが暮らしていける程度になるまで
ずっと支援し続ける。

そして言うのです。

人を助けられればそれで良いと。

あまりの無欲さに、感動しました。

助けられた人々はキューバの医師たちを神様だというのです。
経済閉鎖をされている貧しい国であるのに、子供の死亡率は先進国と遜色なく
ワクチンも沢山存在しているし、伝染病で人が死ぬこともめったにない国です。

そして何よりキューバを助けているのが
支援した国からの援助です。
無料でワクチンと医師を派遣してくれたキューバに
どの国も感謝しているのです。

こんな国だなんて、知りませんでした。
カストロはただの独裁者で悪い奴なんだと思ってた。

でもカストロは言うのです。

「われわれの原則は人類の幸せのために働くことにある」と。

印象に残ったのは以下の部分

「人類史を顧みれば、英雄とされるアレキサンダーもナポレオンも何万人もの人々を殺しています。ナポレオンの墓も訪れましたが、ヒトラーとどこが違うのかと思うのです。人間はもっとまともにならなければなりません。例えばアフリカ大陸は貴金属の宝庫ですが、ある国では4割近くがエイズで亡くなっている。エイズの状況は本当に危機的です。何らかの手を下さなければ、アフリカはエイズで滅亡してしまうでしょう。それは人類に対する暗殺です」


人間はもっとまともにならなければならない。

根本的なことを知っているキューバの人たちはお金のためではなくて
人類のために医療を提供している。
そんなキューバを作ったカストロは
偉大な指導者の1人と言っても、きっと悪くない。

テレビや新聞からでは知れない真実がこの本から学べた。
この本は絶対に読むべきです。
私たちは知らなすぎる。

必要な知識である、私たちの命にかかわることを。


世界がキューバ医療を手本にするわけAmazonで購入livedoor BOOKS書評/ルポルタージュ


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

comments(2) : trackbacks(0) : 
  1/1P