スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

脳を活かす勉強法 茂木健一郎

評価:
茂木 健一郎
PHP研究所
¥ 1,155
JUGEMテーマ:読書


どこかの記事で茂木さんの以下の言葉を読んで、ちょっと茂木という人に興味を持った。
なんでだか、漫画を買いにいったはずなのに、茂木さんの本を購入していたので、感想書くとします。

脳は変わることができる。日々先に進むことができる。是非これを皆さんに知って欲しいですね。脳が持っている能力を一つだけ言うなら、僕は「脳は変わることができる」ということだと思います。ですから、自分の人生を決めつけないで欲しいんですよね。もう、自分はこういう人間だって分かってしまった。そういう風に、自分の正体が分かったという風には思わないで欲しい。自分の正体なんていつまでも分からないんだ、という位の気持ちでいた方が変わることができる、脳の潜在能力を生かすことができると思います。僕だって、未だに自分の正体は分からない。それくらいに思わないと勿体ないです。これから先も。


買ったその日に読破してしまいました。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(1) : 

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド

評価:
勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,050
JUGEMテーマ:読書


数々出ている勝間和代さんの本のうち、どれか
1つは読んでおこうと思って吟味した挙句、選んだのが
「勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド」でした。

なぜこの本を選んだのかというとさまざまな理由があって
1つは、10倍勉強法や時間投資法や知的生産術、お金は銀行に預けるな
などの本はどうもいきなり実行できる気がしなくて
遠い世界のことのようなものだと感じていたからです。

それに比べて、インディペンデントの本はざっくり
内容が書かれており、ポイントを押さえているなあと思いました。

最初はこれでいいや、と思ったわけです。




にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(1) : 

ザ・マインドマップ

評価:
トニー・ブザン,バリー・ブザン
ダイヤモンド社
¥ 2,310
JUGEMテーマ:読書


マインドマップで頭がよくなるかはわからないけど、読みました。
これはねー時間がかかるかもねー、頭の中整理するの。
自分のスタイルを築くのにはかなり時間がかかりそう。
本の中にも、とりあえず100枚くらいは書くとか書いてあったし。

あと手書きだとめっちゃ時間かかります。
ツールもあるんですけど、それを使いこなすのにも時間かかるし
それに問題なのは手書きのがより頭に入りやすいけど時間かかって
ツールだと手間はかからないけど頭に入りにくそうというところ。

やはり何でも鍛錬は必要ってことですな。

思い知ったのはどの作業にも努力は必要で、ぱっと頭がよくなる方法はないってことかなあ。

でもこれ習得したら、確かに学ぶ速度は短くなるんだろうなってことでした。

再度読み込んでまた感想書きます。
トニー・ブザンの弟子の本も読んでるので、それもついでに。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

comments(0) : trackbacks(0) : 

仕事ができて、なぜか愛される人の「話し方の法則」

JUGEMテーマ:読書

年上の後輩を持ってしまって、一気に喋れなくなってしまい、自信喪失しかけていたため、思わず手にとってしまいました。

本の題名を見ると、なかなか手に取りにくい一品です(笑)
「なぜか愛される」なんて、「愛されたいから買う」みたいな、ちょっと、店員さんにもっていくのが億劫になりそうなタイトルですよね。

私も普段ならば手にとらない本だし、本に頼って何になる?と思うタイプです。

しかし、今回はちょっとばかし状況が違う。

先月の半ばに、中途入社してきた29歳の女性のメンターに抜擢されたのです。
これまでも色々な人のメンターをやってきたのだけれど、今回の相手はかなり手ごわい。

慶応大学の大学院を卒業していて、結婚もしていて、システムの話もわかる、というお話を上司から聞いていたのだけれど、蓋をあけてみたら、

人の話を聞かない
はやとちりする
要約したがる
先を急ぎすぎる(焦る)
周囲に気を配らない
人のせいにする
言い訳が多い
説明を理解しない
注意されると不機嫌になる

と問題だらけ。

周囲の人に同情されるくらい、私は彼女に時間を割いている。

幸運なことに、彼女は質問をしない人間ではない。
わからないときは、嫌というくらい質問攻めにしてくる。
私の時間などおかまいなしというほど。

でも、だからこそ、間違いが起こらずに済んでいるというのは
非常に良いことだ。

で、私は考えたのです。

本当に彼女が全て悪いのだろうか?と。

そのとき思い当たったのですよね。

私の言い方は果たして適切なのだろうか?
教え方がまずくないだろうか?
と。

問題を解決するために、私にできることはないだろうか?と。

そんなわけで、1人でもんもんと悩むより、HOW TO本が世の中にあふれているのだから少し力になってもらおうというわけで、この本を手にとったというわけです。

親切なことに、この本は1000円以下という良心的な値段。
しかも、色やイラストを効果的につかっていて、目にも楽しい。
忙しい人は要点だけ見ればいいし、自分のタイプを知ることができる
チャートが沢山あって、読みたいネタだけ読めばいいという仕様。

さらにさらに私が注目した点は著者の項目。
見てください。
著者に名前がないのです。

「PHPカラット」とだけ。

確かに、著名な心理学者や、スピーチ上手の人が書いた本というのは信憑性もあり、信頼できるものだと思いますが、作者が1人ということは、内容もどこかしらに偏りが出てしまうものではないかと思うのです。

この本はいろんな人のTipsが詰まっていて、偏りなく編集されています。
これこそ、私の欲しい形式だ!と直感的に感じました。

そんな感じで、一気読み。



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

求心力―人を動かす10の鉄則 ジョン C.マクスウェル (著), ジム・ドーナン (著), 齋藤 孝 (翻訳)

評価:
ジョン C.マクスウェル,ジム・ドーナン
三笠書房
¥ 1,470

本の内容
無条件に「ついていきたい!」と思わせる人は、どこが違うのか―世界一のメンターが教える「人間力」の磨き方。

目次
「存在感が光る人」になれ―カリスマの「求心力」1 品格を磨く
この“ひと言”を惜しむな―カリスマの「求心力」2 上手に励ます
「期待」をかけ、発奮させよ―カリスマの「求心力」3 信頼を勝ち取る
「心の声」を汲み取れ―カリスマの「求心力」4 耳を貸す
「相手の立場」に立て―カリスマの「求心力」5 理解を示す
「成長力」を加速させよ―カリスマの「求心力」6 巧みに助言せよ
「大きなヴィジョン」を語れ―カリスマの「求心力」7 “ガイド”に徹する
「常勝チーム」をつくれ―カリスマの「求心力」8 “結束力”を高める
思い切って「任せよ」―カリスマの「求心力」9 “後ろ盾”になる
「志のバトン」をつなげ―カリスマの「求心力」10 これをやり遂げて“責任完了”!


牧師さんが書いたというのが驚きです。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 
  1/1P