スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

新・天狼星ヴァンパイア〈下〉異形の章 栗本薫

大物プロデューサーの後押しで晶は大舞台の主役に抜てきされる。その身辺で、次々と起こる奇怪な殺人事件。容疑者にされた晶自身にも、刀根の魔の手が忍び寄る。シリウスは正体を現すのか?晶を守るべく苦闘する伊集院大介の前に、数々の謎が立ちはだかる。名探偵、殺人鬼、魔人の死闘!長編ミステリー。


晶くん主役抜擢。
ありがちシチュエーション。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

新・天狼星ヴァンパイア〈上〉恐怖の章 栗本薫

誘拐された少女3人の死体は、血が抜かれた上に、残酷な仕掛けがなされていた。ミュージカルのオーディジョンを受けた日、竜崎晶はN.Y.の吸血殺人鬼の事件を知らされる。ついにヴァンパイアが東京上陸か?迎え討つ名探偵・伊集院大介。最大の敵、殺人鬼・刀根一太郎と魔人・シリウスが復活したのか!?


天狼星靴能个討た竜崎晶くん視点でのお話。
晶君はついに芸能界へ!



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

天狼星〈3〉蝶の墓 栗本薫

北海道の温泉町に現れた、奇妙な美女と老人。人気のない旅館に息をひそめるかのように隠れる2人を、執拗に追いつめる「敵」とは。暴走族、人間蜘蛛、サーカス……綾なす人間模様。そして、ついに名探偵・伊集院大介と、宿敵・悪の化身シリウスは、運命的対決の時を迎える。超人気シリーズ、待望の決着編!



胸焼けシリーズ完結編。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

天狼星〈2〉 栗本薫

艶麗な舞姿で絶頂を極める日舞の名花芳沢胡蝶。198X年、新年の挨拶がわりにシリウスからねらわれたのは、胡蝶の命。おりしも訪日中のフランス文化相をまきこんで、パリ・香港・東京と舞台はめまぐるしく暗転をくりかえす。名探偵伊集院大介と悪の化身シリウスがくりひろげる宿命の対決、第2弾。


第二弾ですよ、天狼星。
今回もモデルの事件が続くのかと思いきや、全然違う内容から入ってゆきます。
そんでまたまた同性愛なのですよーぅ。
日舞の名花だからっていうか芸能の世界だからっていう観点なので
ありえなくはないのでしょうが。

続いてジェンダーレスな内容にちょいとびくびくしつつ。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

天狼星 栗本薫

2年前に読んだ感想をこの間UPしたのですが↓
天狼星の感想
中巻がやっとこさ手に入ったので、もう一度いちから読み直してみました。

するとどうでしょう!ひとつ勘違いしてましたよ!

※ここからは激しくネタバレです。




にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

天狼星 栗本薫

ファッションモデルが次々に殺され、バラバラ死体が発見された。死体には喰われたらしい痕跡があり、シリウスと名乗る犯人が山科警視に星座にちなんだ12人の女ともう1人、13人の殺人を予告してきた。生涯の宿敵シリウスと相まみえることになった名探偵・伊集院大介。待望の長編伝奇ミステリー。


続きが気になって仕方ない上巻の感想を掘り出してきました。
中巻が手に入らず今だもだえ中だったりするのだった。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

猫目石〈上下〉 栗本薫

SF作家で名探偵の栗本薫クンは、作家の藤波女史から紹介されたアイドル歌手麻衣子と恋に落ちた。麻衣子の周りで起こる連続殺人事件。伊集院大介も登場し繰り広げられる二人の推理合戦の勝敗はいかに!




にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

仮面舞踏会―伊集院大介の帰還 栗本薫

パソコン通信が生んだ幻のアイドル「姫」の正体をめぐり通信仲間は、大騒ぎを繰り広げていた。誰も見たことのない「姫」が姿を現すという約束の日、待合わせの場所で一人の女子大生が惨殺された。彼女は本当に「姫」なのか!?伊集院大介は数年ぶりに再会したパソコンおたくの滝沢稔とともに未曾有の難事件に挑む。



貪るように読んでしまいました。まさしくガツガツとがっつくように(笑)
パソコンのチャットの世界が話の中心で、オタクであるワタクシには非常に身近に感じられ、まるで他人事とは思えないお話でした。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 
  1/1P