スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

マイナス・ゼロ 広瀬正

広瀬 正
集英社
¥ 800
今なお古びない、ほのぼのSF
娯楽SFとしては面白い
復刊されたのを知り迷わず購入
JUGEMテーマ:読書


よく、タイムマシンがあったら未来にいって、自分が結婚してるかどうか確かめるのに、とか、平安時代にいって、どんな人が美人だったのか確かめるのにとか、そんなどうでもいいことを考えているのですが、不意に過去や未来に飛ばされたら一体どういう人生になるんだろうと、考えたことは無いのであります。

要するに、自動的に絶対戻ってこれるって思っちゃうんですよね。

そういうあまっちょろい考えでは、このマイナス・ゼロの主人公はやれないのですが、皆さんもおそらく私と似たような考えで持ってタイムマシンのイメージとしていることと思う。



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

紀香魂―ハッピー・スピリット 藤原紀香


最近また、ブーム再来の感じがする藤原紀香。
気になったので立ち読みしてたら、本気で全部読みたくなったので
購入してしまいました。

良い本なのか、くだらない本なのか、そういう物事でわけるような
本ではない気がします。藤原紀香という人の考え方や人生そのものが
淡々と綴られているだけの本です。

感動を覚える人もいれば、偽善者と叫ぶ人もいるでしょう。
まあ、それは個人の自由なので、止めはしません。

本当の声なのか作り物の声なのか
それすら芸能人であるがゆえにわからないという中での
読書感想となります。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(1) : 

虹とクロエの物語 星野智幸

評価:
星野 智幸
河出書房新社
¥ 1,575
放課後、多摩川の芝生で、二人だけの言葉を交わすようにサッカーボールを蹴り合った虹子とクロエ。40歳を迎え、行き詰まりを覚えた二人は、あの地点からもう一度再会しようと試みるが…生への確かな肯定。


とamazonにあるが、しっくりこないあらすじです。
青春モノや、親友モノ、友情モノとは違います。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

いつか王子駅で 堀江敏幸

苦労した。
一文がひたすら長くて、主人公の独白が80%くらい。
うち純文学の感想文が30%くらい。

っていうか正吉っつぁんはどうしたんだー!!!!(叫)


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 
  1/1P