スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

ホテル・アイリス 小川洋子

染みだらけの彼の背中を、私はなめる。腹の皺の間に、汗で湿った脇に、足の裏に、舌を這わせる。私の仕える肉体は醜ければ醜いほどいい。乱暴に操られるただの肉の塊となった時、ようやくその奥から純粋な快感がしみ出してくる…。少女と老人が共有したのは滑稽で淫靡な暗闇の密室そのものだった―芥川賞作家が描く究極のエロティシズム。


博士の愛した数式しか知らない人には衝撃の作品かもと。

感想は下の「続きを読む」をクリックしてください。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(2) : trackbacks(1) : 

ブラフマンの埋葬 小川洋子

小川洋子はいい!と再認識させられる本。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

博士の愛した数式 小川洋子


家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに、そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。


感想は以下


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(4) : trackbacks(0) : 
  1/1P