スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

影武者徳川家康 隆慶一郎

隆 慶一郎
新潮社
完全なるフィクションなのだが・・・
おもしろ過ぎる!
わくわくする

JUGEMテーマ:読書

影武者徳川家康〈中〉 (新潮文庫)  影武者徳川家康〈下〉 (新潮文庫)


舞台は関が原の合戦から始まる。
石田三成方の島左近配下にある忍、甲斐の六郎が合戦の最中、
家康暗殺を命ぜられる。
首尾よく暗殺を果たす六郎。自らも傷を負いながらも、陣に戻って報告をする。

そんなところから始まるこの物語。
六郎に殺められた家康に成り代わって、世良田二郎三郎という影武者が関が原以降の
徳川家を支えていくことになります。

壮大なファンタジーだと、皆様お思いでしょうが、これがまた良く出来た小説なのですよ。
本当に家康は影武者の演技だったのではないか?と思わされてしまうのです。

隆さんは巧みに「徳川実記」などのいかにもな書物を持ち出してきては、
史実に基づいて二郎三郎を論じます。そのため、この人物は実際に存在していて、
家康となっていたかもしれないと、にわかに信じてしまいそうになるのです。

それほど、人物の像がリアルで、それでいてまた、魅力的な描かれ方をしていました。
上中下巻と3冊になっていますが、上巻は自分の意思に反して家康を演じ始める
二郎三郎の戸惑いと試行錯誤の巻、中巻は家康としての振る舞いに慣れ
自分の役割を把握しつつも、家康ではなく二郎三郎としての夢を描き、
忍と手を結ぶなどして幾多の困難を乗り越えていく、まさに脂の乗った勢いのある巻、
そして時代の勢いに押され年齢と言う壁にぶつかり、絶望と失望、諦め、
様々な思いを抱いて終焉を迎えていく巻

と、どの巻を色鮮やかで、読んでいてこれほど、
贅沢なことはないのではないかと思いました。

創作部分が強いのは恐らく忍の描写ではないかと思いますが
この忍VS忍は圧巻で、柳生と風魔の壮絶な戦いのハイライトはかなり多かったのでは
ないかと思います。

楽しかった、本当に!

人物の描写も非常にうまく、島左近、甲斐の六郎、二郎三郎は好ましい人物像
秀忠はずるがしこく、利己的で、臆病と、それぞれの個性が際立っており
また本多正信の人物像が180度変わるほど、好人物として描かれていたのが
印象的でした。

本多正信は家康の腰ぎんちゃくというイメージがなぜか強かったんですが
描き方にとって人物のイメージは変わるものですねえ。

隆さんの資料の読み込みと推論は、意外とあたってるかもなあと
文章を読みながらも思ってしまいます。

家康が影武者でも私は困らないしなあ(笑)

充実した半月を過ごすことができました。
これは歴史モノ苦手な方にも読んでもらいたいですね。
すごく面白い本です。





にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

comments(0) : trackbacks(0) : 

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ リリー・フランキー

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー



東京タワーはぼろ泣きしました。

あれで泣かない人はおかしいです。
大好きな母さんが死んでいく話なんです。
泣かない人はよっぽどひねくれてるか、
はたまた冷血漢か、と思いますけどね。



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 
  1/1P