スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

- : - : 

一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ-- 佐藤多佳子


主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連だ。新二は兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの道を歩むことになる。夢は、ひとつ。どこまでも速くなること。信じ合える仲間、強力なライバル、気になる異性。神奈川県の高校陸上部を舞台に、新二の新たな挑戦が始まった――。


一気に読みました。猛烈なスピードで読み終わりました。
風のように読み終わりました。
懐かしくて、痛くて、切なくて、胸いっぱいの青春小説です。

感想は「続きを読む」からどうぞ。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

しゃべれども しゃべれども 佐藤多佳子

しゃべりのプロだろ、教えてよ―あがり症が災いして仕事も覚束なくなった従弟の良や、気まぐれで口下手なために失恋ばかりしている美女の五月から頼られて、話し方教室を開くハメになった若い落語家の三つ葉。教室には苛めにあってる小学生や赤面症の野球解説者まで通ってきて…。嘘がつけない人たちの胸キュン恋愛小説。


恋愛小説って感じはしなかったけどなあ(笑)


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 

黄色い目の魚 佐藤多佳子

評価:
佐藤 多佳子
新潮社
¥ 1,575
マジで佐藤多佳子ファンになった本と言っても過言ではない。
これは最高です。

amazonのあらすじ
マジになるのって、こわくない?自分の限界とか見えちゃいそうで。木島悟、16歳。世界で最高の場所は、叔父の通ちゃんのアトリエ。ずっと、ここに居られたらいいと思ってた。キライなものを、みんな閉め出して…。村田みのり、16歳。鎌倉、葉山を舞台に木島とみのり、ふたりの語りで綴られるまっすぐな気持ちと揺れる想い。


amazonのあらすじわかりにくいですね。。
どっちがどっちかわからなくなる。とりあえず名前の前のが人物の表現ぽいです。



にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(1) : 

神様がくれた指 佐藤多佳子

佐藤多佳子の本デビューしました。
いろんなところで絶賛されている理由がすごくよくわかりました。


スリの罪でつかまり刑務所に入っていた辻牧夫は1年2ヶ月の刑を終えて出所した。
育ての親である早田の伯母さんと帰宅する途中、少年少女のスリに出会い、
散々な目にあって、占い師マルチェラこと昼間薫に助けられ奇妙な同居生活がはじまり…。


とあらすじべたなのはお察しで。


にほんブログ村 本ブログへ

人気blogランキングへ

続きを読む >>
comments(0) : trackbacks(0) : 
  1/1P